中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< Microsoft Windows XP サポート終了の対応策 その1 | main | Microsoft Windows XP サポート終了の対応策 その3 >>
Microsoft Windows XP サポート終了の対応策 その2
0

    JUGEMテーマ:ビジネス


    企業として、どのように対策をするか?
    ネットワークを繋がっているパソコンから、出来るだけ早いタイミングでWindows8などの新しいOSが搭載されたパソコンに乗り換えることである。XPのサポートが終了してからでなく、終了する前の出来るだけ早い段階で、新しいOSの搭載されたパソコンに乗り換えを検討しないと、業務で使っている会計ソフト、文書作成ソフト、給与計算ソフトなども併せてバージョンアップが必要であったり、使い勝手も違う場合も少なくないので、業務を円滑に進める為にも、早めに一刻も早く対策をする必要がある。

    どうしてもXPを使い続けなければならないパソコンは?
    ネットワークに接続されておらず、USBメモリーやCD-ROMドライブから、新しいデータやファイルを読み込まない用途に使っているパソコンで、どうしてもXPから別のOSに乗り換えが出来ないものであれば、パソコンのUSBポートやCD-ROMドライブを使えなくなるようにし、最新のウイルス対策ソフトを使ってパソコン内部のデーターをすべてスキャンするなどして延命することが出来る。しかし、不具合などがあってもメーカーやソフト会社によるサポートは受けられないし、セキュリティとしても十分ではないので、自己責任となることを認識しなくてはならない。

    OSだけを、WindowsXPから最新のWindows8にアップグレード出来ないのか?
    パソコンが、Windows8の推奨動作環境に合致するスペックなものであれば、OSのみ最新のものに入れ替えることは出来る。しかし、購入時からXPがインストールされているパソコンを使っているのであれば、あまりにもスペックが違うので現実的はない。
    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | セキュリティ・情報漏洩対策 | 22:34 | - | - | - | - |
    TOP