中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< 東日本大震災に学ぶ、中小企業のIT災害対策 その11 | main | Microsoft Windows XP サポート終了の対応策 その2 >>
Microsoft Windows XP サポート終了の対応策 その1
0
     

    Microsoft Windows XPのサポート終了とは
    パソコンの基本ソフトウェアであるWindows XP(以下、XP)のサポートが 2014 年 4 月 9 日で終了することである。サポート終了で一番影響の大きいのは、この日以降は、今もなお見つかり続けているXPの不具合や欠陥の修正がされなくなる。


    不具合や欠陥の修正がされなくなるとどうなるか?
    XPはWindows Updateという機能により、XPの不具合や欠陥が見つかると、Microsoft社のほうで修正されたプログラムをインターネットを通じて、自動的にそれぞれのパソコンに配布されるようになっているが、これが実施されなくなる。このことによる一番大きな問題は、セキュリティ対策が出来なくなることである。これらの不具合や欠陥の隙を突いて、悪意のある人がインターネットを経由してコンピューターウイルスや不正プログラムを撒き散らし、他人のパソコンの中の情報を盗み取ったり、そのパソコンを遠隔制御して、持ち主になりすまして犯罪を犯すなどのリスクが増加してしまう。


    インターネットに繋がないパソコンであれば、そのまま使える?
    コンピューターウイルスや不正プログラムはインターネットなどのネットワーク経由で感染するだけではない。USBメモリーやCD-ROMドライプ、また、以前、パソコンに入り込んだコンピューターウイルスがある日時になると、悪さを始めるものもあるので、ネットワークに繋いでいないパソコンでも、リスクがなくなるわけではない。

    続く

    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | セキュリティ・情報漏洩対策 | 03:23 | - | - | - | - |
    TOP