中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< 顧客管理(CRM)を中小企業の攻めの営業で活かす その4 | main | 顧客管理(CRM)を中小企業の攻めの営業で活かす その6 >>
顧客管理(CRM)を中小企業の攻めの営業で活かす その5
0
    <前回の続き>





    3.商談中の案件状況を把握する





     5.の商談進行中のものについては、
    さらに商談がどのような状況であるかを、


    営業担当者がさらに5段階程度


    「1.商品紹介」


    「2.要望ヒアリング」


    「3.提案・見積り提示」


    「4.契約条件交渉」


    「5.受注」


    などの営業段階と受注見込み金額、受注確率などを商談が終わるその日に入力をして、


    なるべくリアルタイムに近い状況を営業責任者や経営者が把握出来るようにします。





     つまり、この5の段階に来ている商談というのは、企業が事業活動を継続して


    いく上で不可欠な、直近の売上を作り上げていく商談だからです。





    この商談を、営業責任者や経営者が把握し、様々な施策やフォローを行う優先順位や


    経営経営資源の配分を行うことが、CRMによって、より効率的に行うことが出来るようになるのです。








    (図4)CRMを活用するチェックポイント


    名刺などから顧客情報をCRMに登録する方法を省力化し、人力に頼らない方法を決めたか?


    CRMを顧客対応業務の中心として位置付けたか?


    顧客情報入力の際に、最低限「取引金額」「受注日」「商品」を入力が出来たか?


    関係性の薄い顧客を抽出し、継続的に需要を喚起する仕組みを作ったか?


    商談中の案件について、営業責任者や経営者が把握、施策やフォローを決定する仕組み作りを行ったか?


    - 元のメッセージを隠す -



    <次回に続く>





    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    発行元


    日本クラウドコンピューティング株式会社


    東京都港区新橋4-31-3 新橋オーシャンビル9階


    TEL 03-5843-7902


    mailto:info@cloud-cc.com


    Web Site http://cloud-cc.com


    twitter  http://bit.ly/jX0ml7


    facebook http://on.fb.me/uomoLB


    Copyright(C)Cloud Computing Corporation All Rights Reserved.


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     
    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | 顧客管理 営業支援 CRM SFA | 07:05 | - | - | - | - |
    TOP