中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< パソコンとファイルを人質に取り、身代金を取るウイルス被害と対策 | main | ワークスタイル変革に必要な通信費用はテザリングを活用して削減できる >>
2020年1月14日のWindows7延長サポート終了の影響と対策
0

    「2020年1月14日のWindows7延長サポート終了の影響と対策」

     

    日本クラウドコンピューティング株式会社

    代表執行役 ITコンサルタント 

    清水 圭一

     

     

     Microsoft Windows7の延長サポートが終了する2020年1月14日まで残り約8ヶ月となりました。

     

    しかしながら、今だに多くの企業でWindows 7が稼働しているパソコンを見かけます。

     

     

     特に、今回のWindows7の延長サポート終了は、以前のWindowsXPのサポート終了時と違い、会社の業務の一部がPCからスマートフォンやタブレットに比重が移行しつつあるため、注目度が低いですが、現在でもパソコンでの作業が業務の中核を担っている現状を鑑みると、その影響は小さくはありません。

     

     

     今回は、現在もWindows7を使い続けている企業が、延長サポートが終了する2020年1月14日までに、どのような対策をしなければならないのか、またそのサポート終了日を過ぎてWindows7を使い続けるリスクについて説明をしたいと思います。

     

     

    Windowsのサポートは2種類ある

     

    Windowsのサポート期限には、2つの期限があります。1つ目はメインストリームサポートです。

     

    メインストリームサポートは、無償でそのOSのバージョンでの新機能が提供され続けます。

     

    また、不具合や機能改善、セキュリティー上の欠陥があった場合、それを修正するためのパッチといわれるソフトウェアの部品が提供されたり、大きな修正には、マイナーバージョンといわれる、小さなバージョンアップのWindows OSが提供されます。

     

     

     このパッチを適用、もしくはマイナーバージョンのWindows OSにバージョンアップしておけば、OSの大きなバージョンアップは必要なく、また、そのバージョンのWindowsOS対応の業務ソフトなども、そのまま使うことが出来るケースが多くあります。

     

     

     つまり、利用者側も、大きな負担なく、パソコンを使い続けることができるのです。

     

     

     2つ目のサポートは延長サポートです。

     

    延長サポートはメインストリームサポートが終了してから、Windowsの場合、最低5年間行われます。

     

    メインストリームサポートとの大きな違いは、セキュリテイ更新は引き続き行われますが、サポートは有料になる点です。

     

    また、新しい機能追加は、よほどの例外を除いて提供されることはありません。

     

     

    今もWindows7を使っている企業の対応方法

     

     Windows7は、先ほど述べた通り、2020年1月14日に延長サポートが終了します。

     

     それ以降も、そのパソコンを使い続けるには、上位のWindowsバージョンにアップグレードしなければなりません。

     

     

     では、どのバージョンにアップグレードするのが適切かと申しますと、現在の状況ではWindows10にアップグレードすること以外、選択肢がありません。

     

     

     Windows7と10の間の8.1 のバージョンアップでも良いように思われますが、8.1は、メインストリームサポートが終了しており、2023年1月11日の延長サポート終了を迎えるのみとなっております。

     

     

      ですので、今からWindowsのアップグレードをする場合はWindows10の一択となります。

     

     

    延長サポート終了後にWindows7を使い続るリスク

     

     延長サポート終了したWindows7は、セキュリティ更新プログラムの提供も完全に停止いたします。

     

    未知のウィルスやマルウェアに感染するため可能性が高まり、個人情報が漏洩したり、パソコンの不正遠隔操作などの被害に合うケースが起こる確率が高まります。

     

     

     また、最悪の場合、パソコンに中にあるデータが消去されたりあるいは起動不可能にする場合もあり、企業の業務で使うことを重大な損害が発生する可能性があります。

     

     

    リスクを承知で、Windows7を延長サポート終了後に使い続ける方法

     

     自社開発した業務アプリケーション等の制約で、どうしてもWindows7を延長サポート終了後に利用し続けたいという法人ユーザのために、2023年までMicrosoftから、Windows7 Extended Security Updatesと呼ばれる新たな延長サポートが提供される予定です。

     

     

     しかしながら、このサポートは有償であり、終了期限も延長サポート終了から3年と終了も決まっています。

     

    様々な制約で一時的に、延命をしなければならない企業にとっては、暫定的な解決策の一つとなります。

     

     

     以上のことから、現在もWindows7を使っている企業ユーザは、早急にWindows10へのアップグレードをお勧めします。

     

    しかしながら、企業で利用している場合、他のアプリケーション、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアとの連携から、OSのバージョンアップだけでは済まされないケースがほとんどです。

     

     

     複雑なICTシステムを利用している企業にとっては、既にデッドラインは過ぎています。

     

    JUGEMテーマ:ビジネス

    安全、確実なバージョンアップを行い、業務影響を最小限にするためにも、早急な予算取り、計画を立て、Windows10へのスムーズな移行の着手検討をお勧めします。

    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | ソーシャルメディア活用 | 16:43 | - | - | - | - |
    TOP