中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< 中小企業のシンギュラリティ・人工知能の活用法 その5 | main | 中小企業のITシステムの災害対策で必ずやるべきことは1つだけ その4 >>
中小企業のシンギュラリティ・人工知能の活用法 その6
0

    シンギュラリティを受け入れる

     

    長年、企業を経営したり、会社員を続けているとシンギュラリティが現実となり、企業の業務が変容を迫られることに遭遇します。

     

    40年間の会社員生活をしている人であれば、紙とソロバンと電卓で仕事していた時代から、パソコンの登場によって仕事は紙と電卓からパソコンで行うようになり、携帯電話の登場で、どこでも連絡が取れるようになり、インターネットの登場によって、一斉同報・共有ができるメールでの仕事がコミュニケーションの中心となり、クラウドの登場によって、いつでも、どこでも、どんな時でも仕事ができるようになり、といった具合に劇的な変化を経験しています。

     

    この変化を受け入れなければ、仕事を奪われ、企業は継続できなかったはずです。

     

    次のシンギュラリティをもたらすと言われているAIに、中小企業の経営者が積極的に関わっていくのも、企業全体に変化を受け入れる風土を作る一助になるのではないかと思います。

     

    JUGEMテーマ:ビジネス

    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | シンギュラリティ・人工知能・AI | 02:15 | - | - | - | - |
    TOP