中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
<< 中小企業のシンギュラリティ・人工知能の活用法 その4 | main | 中小企業のシンギュラリティ・人工知能の活用法 その6 >>
中小企業のシンギュラリティ・人工知能の活用法 その5
0

    AIはシンギュラリティの牽引役


    シンギュラリティとは、テクノロジーが革新的な進歩を遂げて社会を変容される説を言います。

     

    例えば、産業革命によって大量生産が可能になり、手工業職人の仕事が大きく減りました。

     

    最近ではIT革命によって仕事やコミュニケーションなど、多くのプロセスはコンピューター上で処理されるようになり、パソコンが使えない人がオフィスワークをすることが出来ない時代になりました。

     

    このシンギュラリティが、次はAIによって2045年にもたらされると言われています。

     

    つまり、2045年にAI革命が起きると言われているのです。

     

    そして、今ある多くの定型的な仕事はなくなってしまう世の中になるかもしれないのです。

     

    その6に続く

     

    JUGEMテーマ:ビジネス

    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | シンギュラリティ・人工知能・AI | 02:15 | - | - | - | - |
    TOP