中小企業向けITコンサルティング専門会社、日本クラウドコンピューティング株式会社代表取締役社長、中小企業経営イノベーション協議会会長を務める清水圭一のブログです。中小企業経営者向けに講演、コンサルティング、ITシステム開発を行っております。現在、『月刊総務』にてICTコラムを連載中。
保守サポート切れの製品も対応できる第三者保守
0

    「保守サポート切れの製品も対応できる第三者保守」

     

    日本クラウドコンピューティング株式会社

    代表執行役 ITコンサルタント 

    清水 圭一

     

     

      ICTシステムで利用する製品は一定の期間が経過すると、ICTメーカー側が保守サポートを終了したり、あるいは保守サポートの対応時間が平日のみになったり、既知の障害のみにしか対応しないなど、保守サーポートのサービスレベルがが下がったりします。

     

    この時期を迎えるタイミングは、ICTメーカーよってまちまちですが、その製品の販売終了から、おおよそハードウェアで5年、ソフトウェアの場合は、最新バージョーンよりも2世代前以上に古くなると、このの適用を受けるケースが多くなります。

     

    また、保守サポートのサービスレベルが下がるだけでなく、保守サポート料金が、今までの1.5倍から2倍にまで増額するベンダーなどもあります。

     

     

     そのため、重要なシステムであれば、ハードウェアを定期的に新しく入れ替えたり、あるいはソフトウェアを最新バーションにアップグレードするなどして、安心して使い続けるための施策を行わなくてはなりません。

     

     

     しかしながら、業務的に追加要件がないシステムなどは、できるだけハードウェアも今のまま使い続けたいというのがユーザ側の希望であり、ソフトウェアも安易にバージョンアップをしてしまうと、今度はOSやアプリケーションに影響を及ぼすこともあります。

     

     

     その時に、活用したいのが、ICTメーカーの公式な保守サポートではなく、その製品を提供するメーカーとは全く無関係の会社が提供する第三者保守(サードパーティーサポート)になります。

     

     

     今回は、この第三者保守がどういう時に使うべきか、またそのメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

     

     

    第三者保守とは?

     

     第三者保守とは、保守対象製品メーカーとは全く関係のない会社が、その製品の保守サポートを、自社で調達した保守部品や自社育成したエンジニアの技術や知識を使いl、自社の責任において保守サポートを行うことです。

     

     

     それと反対に、ベンダー保守とは、保守対象製品のメーカーが認定した代理店、パートナー会社が行う保守サポートをいいます。

     

     

     重篤な故障やトラブルが発生して、保守サポート会社が手に負えない場合、ベンダー保守の場合は、製造元であるメーカーが支援を行うのに対して、第三社保守の場合は、その支援を受けることが出来ません。

     

     

     しかしながら、第三者保守を行う会社は、製造メーカーに支払うコストがない分、その分、ユーザ側に安く保守サポートを提供できるメリットがあり、また、ベンダー保守対象外となる古い製品であっても、保守サポートを提供できる場合が多いというメリットがあります。

     

     

    ハードウェアの第三者保守

     

     ハードウェアは販売終了から5年が経過すると、メーカー側が保守サポートを打ち切ります。

     

    それ以上、ハードウェアを使い続けるためには、メーカー側にサポート費用を増額して特別対応をしてもらうが、ユーザー側で保守パーツを集めてきて、自己責任で対応するといった対応でしたが、このような場合に、第三者保守を利用することができます。

     

     

     第三者保守ができるハードウェアは、国内外の大手メーカーの主要製品ですが、保守部品は適切な環境で保管され、定期的に稼働試験なども行っておりますので、自社で保守部品を持つことに比べたら、コストも品質も第三者保守の方が上と言うことになります。

     

     

     また、ハードウェアはOSやアプリケーションと密接に連携しており、ユーザー側で生半端な知識で部品を交換したら、OSが立ち上がらなくなってしまうことも起こりえます。

     

    第三者保守はそういったOSレベルまでも含めた形でサポートを提供してくれるところもありますので、一元化されたサポートを提供を受けることができます。

     

     

    ソフトウェアーの第三者保守

     

     ソフトウェアの場合、常にバージョンアップを行い新しいバージョン、追加された機能などを利用する際はベンダーの正式保守サポートに入る必要があります。

     

    ただし、バージョンアップをこれ以上しないと決定している場合、第三保守が活用できます。

     

     

     またソフトウェアの第三者保守は、ベンダー保守と比較して半額以下になるケースも多くあります。

     

     

    第三者保守のデメリット

     

     もちろん第三者保守にはデメリットがあります。

     

    それはハードウェア、ソフトウェア製造メーカーが第三者保守を正式には認めていないということです。

     

    認めていないどころではなく、敵対視しているところもあり、裁判で係争中というところもあります。

     

     

     これは、言い換えれば製造メーカー側は何があっても助けてはくれず、あくまでユーザ側と第三者補修提供会社側で何とかするしかありません。

     

     

    リスクコントロールが鍵

     

     第三者保守は、多くの大手企業でも採用されており、ICTシステムの延命、コスト削減に大きく貢献していることは事実です。

     

    また、適材適所でベンダー保守と第三者保守をICTシステム毎に使い分けている企業も多く見受けられるようになりました。

     

    そのリスクコントロールができるのであれば、第三者保守を検討してみる価値はあるかと思います。

     

     

    参考

     

    ハードウェア第三者保守 データライブ

    https://www.datalive.co.jp

     

    ソフトウェア第三者保守 リミニストリート

    https://www.riministreet.com/jp

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

    Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | クラウドシステム開発 | 07:00 | - | - | - | - |
    多くの経営者が間違える業務系クラウドサービスの導入目的
    0
      皆さん、こんにちは。
      日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。

      本日は、多くの経営者が間違える業務系クラウドサービスの導入目的について、お話をさせて頂きます。


      業務系クラウドサービスというと、一番、分かりやすいのは、セールスフォースに代表されれるような、顧客管理のクラウドサービスではないかと思います。

      簡単に言うと、普通の会社がどのように新規顧客を集めて、それをどのように担当者がフォローを行い、どんな商品を提案し、その提案に対してどのような社内のサポート、リソースを投入し、顧客のどの部署の、どの役職の人に会い、提案し、いくらで売ることが出来て、その後のサポートはどのような状況かということを、ナビゲートして、記録していくクラウドサービスになります。

      これは、クラウド以外にも、パッケージソフトウェアでも、やっていることは全く同じで、それが、ソフトウェアとして提供されているか、クラウドサービスとして提供されているかということの違いだけです。

      このような業務系クラウドサービスを導入しようとする時に、よくお客様がおっしゃるのは、
      「自社には合わない」
      「今までのやり方は違う」
      「商習慣に合わない」
      などということを仰ります。

      提案しているシステムインテグレーターやソフトウェア開発会社は、
      「それでは、御社に合うようにカスタマイズしましょう」

      という話になってしまうのです。

      一見、無難なやり取りに思えますが、本来であれば、これは、業務系クラウドサービスを導入を失敗に導く大きな一歩である場合がほとんどなのです。

      では、何が間違っているかというと、業務系クラウドサービスのほとんどが、単純に情報処理機能を提供している訳ではないのです。

      このような業務系クラウドサービスは、情報処理機能だけでなく、顧客管理なら顧客管理の分野に精通した学者や研究者が科学的に効率的に顧客管理をする為のベストプラクティスをそのクラウドサービスに盛り込み、導入した企業に対して、そのベストプラクティスに従って業務を行い、定着化させることを目的としているのです。

      ですので、そもそも、それをカスタマイズして、自社に合わせて使おうという発想自体が間違っているのです。

      今までのやり方を捨てて、新しい仕事のやり方、業務改革の方法を持ち込み、定着化させることが本来の目的なのです。

      しかしながら、多くのお客様はこのような発想にはなっていません。

      なぜなら、このような業務系クラウドサービスに関わっているのが、システム部門とそれを実際に使うユーザー部門、そして、システムインテグレーターやソフトウェア開発会社だからなのです。

      つまり、本気で業務改革をするには、経営者やそういったことを経営的に考えることが出来る経営コンサルタント、社内の業務改革推進の部署などの第三者が検討しなくてはならないのですが、多くの場合、そうではありません。

      また、業務系クラウドサービスを販売する側にも問題があります。

      それは、売り手も業務改革の専門家ではないので、本来の業務系クラウドサービスの意義や必要性、効果をお客様に訴求することが出来ないのです。

      ITのことだけを知っていても駄目で、経営、業務のことについても精通していなければ、その業務系クラウドサービスの導入効果を最大限にする提案が出来ないのです。

      そして、一番の問題は、クラウドサービスをカスタマイズして導入することは、システムインテグレーターや開発会社にとっては、大きな開発費を稼ぐことが出来るチャンスでもありますので、カスタマイズはどんどんやりたいというのが本音なのです。

      私共の会社にも、業務系クラウドサービスを導入したが、効果がない、活用出来ていないという相談が多く寄せられますが、上記のような理由から、私共は、経営者と良く話し合い、今までの仕事やり方や業務をすべて壊して一から作り直すぐらいの覚悟を持っている会社のほうが、大きな導入効果を上げる事が出来ています。

      もちろん、そのクラウドサービスを使いやすくするための最低限のカスタマイズは行いますが、私共はコンサルティング会社ですので、システムをお客様の言う通りに作るのではなく、そのシステムを導入することによって、その会社の業績を上げることにフォーカスしています。

      業務系クラウドサービスの導入を検討している経営者の方々は、上記のような業務系クラウドサービス導入のポイントを踏み外さないようにして頂ければと思います。

      Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | クラウドシステム開発 | 07:30 | - | - | - | - |
      クラウドシステムの開発は難しい?
      0
        こんにちは、日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。


        今日は、なぜ、クラウドシステムの開発で失敗してしまうのかを、なるべく、ITに詳しくない経営者の方にでもわかるように、説明します。



        クラウドを使うと、サーバー、ストレージ、ミドルウェアといったシステム基盤の構築がなくなるので、システム開発は楽になるという印象を皆さん、持たれているかと思います。



        しかし、その反面、当社に多く寄せられる仕事の一つで、他のシステム開発会社やユーザーが内製開発していたがギブアップしてしまったクラウドシステムの作り直し案件が多く持ち込まれているのも事実です。



        では、なぜ、このようなジレンマが発生するかというと、クラウドの特徴を考えずに、クラウドでのシステム開発をしてしまうからなのです。



        つまり、クラウドを知らずして、クラウドの開発をしてしまうと、むしろ、開発工数は増えて、コストも通常のシステムよりも上がってしまうのです。



        では、どのような点を考慮しなければならないか、簡単に説明します。





        1.並列処理をすることを考慮したシステム開発



        クラウドを利用するメリットの一つとして、並列処理を最適化した形で実行できることです。今までは、ハイエンドのサーバー、ストレージなどでしかできなかった並列処理ですが、クラウドを使うことによって、小さなシステムでもそれが可能となるのです。



        クラウドシステムの魅力でもある、並列処理を使わなくては、クラウドでシステムを作るメリットも減ってしまいます。



        つまり、並列処理を出来るように、データベースなどの構築を工夫し、トランザクション自体も小さく分割する必要があるのです。




        2.クラウドシステムに実装する機能を絞り込む



        クラウドが苦手とするデータの一貫性を求められるような勘定系業務、また、トランザクションが大きくならざる負えなく、並列処理がしにくい、複数のデータ項目を確認するような業務である。



        これは、ある程度の割り切りと、運用でフォローしていく必要があるのです。





        3.システム基盤ありきのシステム開発



        システム基盤は、今までのシステム開発では、一番最後に考えるところでした。つまり、要件定義や開発がありきで、システム基盤の部分は、どっちかというと、最後に、それをすべて満たせる条件があるものを決めるというやり方です。最後に、帳尻合わせを、システム基盤で行えばよ良かったのです。



        ですので、今までは、高性能なサーバーやストレージ、ミドルウェアが求められ、メーカーもそれを満たす製品を開発してきたのです。



        しかし、クラウドにおいては、システム基盤の要件はすでにクラウド事業者によって決まっているのです。ですので、最後に決めるのではなく、クラウドのシステム基盤ありきで、要件定義、開発、運用までを決めていくのです。



        そこで、負担になるのが、クラウドでシステムを作る時に発生するテストなのです。



        今までと違い、クラウドのシステム基盤で、どこまでのアプリケーションが動かせるかを、インターネットという不確実な回線を利用した状態で、様々なケースを想定して実施するテストが、普通のシステムと比較して、かなり多いのです。



        これが、クラウドシステムを作り慣れていない人には、大きな負担となり、プロジェクトが頓挫する原因にもなっているのです。



        しかし、クラウドは、これらのことを、乗り越えることが出来る人材、パートナー会社が近くにいれば、大きなシステム構築のパラダイムシフトになります。



        クラウドに早く取り組むことが出来るかどうかが、今後の企業経営の大きなポイントになるかもしれません。



        Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | クラウドシステム開発 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        アマゾンにシステムを預ける?
        0
          皆さん、こんにちは。
          日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。

          今日は、アマゾンのお話をしたいと思います。

          アマゾンと言うと、言わずと知れた通信販売サイトで、以前は、本屋CDのみでしたが、今では、家電製品、日用雑貨、食料品まで、売っていないものはないんじゃないかというぐらい、何でも売っています。

          そのアマゾンは、世界中からの注文を受付、処理をするために、大規模なコンピューターシステムを所有し、運用しています。具体的な規模は非公開ですが、恐らく世界でも5本の指に入るぐらいのシステム規模になるのではないかと思います。

          アマゾンのシステムというのは、特徴があって、通常の業務システムのように、平日に一定の負荷がかかっているのではなく、クリスマスシーズンなど、急激に利用者が増えていくのです。その差は、一般的なECサイトでも、50倍から100倍と言われています。

          しかし、この急激に利用者が増えるようなイベントがある掻き入れ時でも、円滑にシステムが稼動できるように、かなり余裕を持ったシステムを作っているのです。そして、その余っているコンピューター資源を、アマゾンは貸し出しているのです。

          アマゾンは、他のクラウド事業者と違い、コンピューター資源を貸し出すサービスだけで利益を出そうとしていませんので、他社と比較しても、価格設定も非常に格安に設定しています。

          現在のところ、日本国外にデータセンターがありますので、距離に起因する回線遅延もありますし、サポートも、国内の事業者に比べたら、手薄になりがちです。


          しかし、社内に選任のITのスタッフや、専門のクラウド導入会社などのパートナーがいれば、その懸念も軽減できます。

          そして、アマゾンの面白いところは、コンピューター資源を貸し出すだけでなく、倉庫も物流、決済もすべて代行してくれる点です。

          つまり、通信販売をしたければ、システムをアマゾンのシステム上に構築して、アマゾンからコンピューター資源を借り、クレジットカードなどの決済機能もアマゾンで一括して代行してもらい、商品をアマゾンにまとめて預けておけば、商品管理と発送まで代行してもらえるというものです。

          アマゾンは、単なる通信販売会社から、クラウド上でコンピューター資源を貸し出し、その破格の価格競争力をフロント商品にして、その後の決済、物流に至るまで、すべてを担ってしまう会社になろうとしているところです。

          近い将来、クラウドコンピューティングの普及によって、世界中でコンピューターを持つ企業は数社になってしまうと言われています。アマゾンはその数社のうちの一つになるのではないかと思います。

          当社では、貴社のシステムをアマゾン ウェブ サービスへのコンサルティング、移行、開発、運用を行っておりますので、ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          日本クラウドコンピューティング株式会社
          郵便番号105-0004
          東京都港区新橋4-31-3 新橋オーシャンビル9階
          TEL 03-5843-7902 FAX 03-5530-9671
          http://www.cloud-cc.com/
          mailto:info@cloud-cc.com
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          クラウドコンピューティング 情報発信
          社長ブログ「クラウドな日々」http://blog.cloud-cc.com/
          CTOブログ「雲は南へ」 http://ctoblog.cloud-cc.com/
          COO Twitter http://twitter.com/CloudComputing7
          CTO Twitter http://twitter.com/naguCloud
          Ustream http://www.ustream.tv/user/cloud-cc
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | クラウドシステム開発 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          クラウドシステム構築会社を選ぶポイント
          0
            こんにちは、日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。

            今日は、クラウド関係の開発・構築会社の選び方をお話したいと思います。

            今年になってから、「クラウド」という言葉が流行りだすと、どのIT関連の会社も、今までの商品やサービスに、クラウド対応ということを打ち出し、一斉に会社のマーケティングメッセージを変更し出しました。

            しかしながら、実態はどうでしょうか?マーケティングメッセージを「クラウド」に変更しただけで、一向にクラウド関係の案件をやっていない会社もありますし、やっていても片手間でやっている会社もあり、また、「クラウド」という言葉の定義を大きく取り、インターネット関連のシステムをちょっとやっているだけで、クラウドシステム開発、構築の実績としている会社も多くあります。


            そこで、中小企業向けクラウドシステムの開発・構築・導入支援を行う会社のを選ぶポイントを説明します。


            第一に、中小企業向けのシステム開発を多く手掛けている、あるいは、それを専門にしているということです。


            システム開発というと、大企業の大規模、ミッションクリティカルなシステムの実績があればあるほど、信頼をおけるようなイメージがありますが、実際のところ、これは大間違いです。


            なぜかというと、大企業の大規模、ミッションクリティカルなシステムというのは、開発予算が数百億から数千億円のものも多く、そのシステムを責任を持ってプライム(主担当)で受注できる財務的な体力にある会社というのは、日本でも数社しかありません。

            そのシステムを受注したプライムの一社が、各システムコンポーネントに分けて、下請け、孫請け、ひ孫請けに発注していき、いわゆるゼネコン体質のようなピラミッドが形成されるのです。

            ですので、その中のある特定のコンポーネントを担当する一社として、システムに関わることは、意外とどこの会社でも出来るのです。


            しかし、下請けとして言われた事だけをやることに慣れた会社と、プライムとして、エンドユーザー側のニーズをくみ上げ、新しい仕組みを提案し、良いシステムを作り上げていこうとする会社では、最終的に出来たシステム品質やその後の利用に大きな差が生まれてきます。

            中小企業向けクラウドシステムの開発・構築・導入支援も同じことが言えます。

            一口にクラウドといっても、非常に裾野が広いのです。プライベートクラウドとパブリッククラウドでは、必要な構築技術も違いますし、クラウドの基盤開発とアプリケーション開発では、スキルも技術も全く別物です。



            また、下請けや自社サービスの為のクラウドシステムの開発・構築・導入支援をしているのか、それともエンドユーザーであるお客様と直接、プライムとしてクラウドシステムの開発・構築・導入支援を受けているのかでは、会社の体質も全く違うのです。

            ですので、中小企業がクラウドシステムの仕事を発注する際は、会社の知名度や規模よりも、構築しようとしているクラウドシステムと同じようなシステムを、他にも多く手掛けている実績があり、下請けではなく、プライムでシステム構築の仕事を直接、エンドユーザーから請けている会社を優先的に検討すると良いかと思います。

            Posted by : 日本クラウドコンピューティング(株) 清水 圭一 | クラウドシステム開発 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            TOP